緘黙RPG

[投稿:2016年02月14日]

学校などで声が出ず、話せない場面緘黙(かんもく)症がある小学生が、スモールステップで活動・発話場面を拡大していくゲーム。プレイ時間はパソコンの場合2時間以上を想定。携帯端末でのプレイは、おそらく重いです(特に戦闘)。

作者は、ゲーム作りの初学者です。作者自身、学校などで話せない子でした。「場面緘黙症Journal」という緘黙をテーマとしたウェブサイトを10年続けてきましたが、専門家ではありません。緘黙やスモールステップの取り組みについては、ちゃんとした本を読んだり、専門家にかかったりして学んだり実践したりしましょう。

※ 主なバグの一つに、主人公やカーソルが勝手に動き出して、止まらなくなるというものがあります。動いているのと同じ方向のキーをタイミングよく押すと直るかもしれません。ご不便をおかけして、すみません。

[2017年1月16日更新]

公開中ゲーム数10000本突破を機に、細かい修正に踏み切りました。forced choice question(強制選択型の質問)の箇所など。

[お知らせ]

これまでこのゲームはパソコン向けにはFLASHで提供してきました。ですが、PLiCyさんが11月25日にウディタ互換エンジンをHTML5に正式対応したことにより、このゲームは原則としてHTML5で提供することになりました(FLASHモードも選択可能です)。

申し訳ございませんが、FLASH当時のセーブデータをロードできないなど、何らかの不具合がある場合は、FLASHモードなら正常に動作する場合があります。

PLiCy版のバグについて(2017/01/16更新)
http://smjournal.com/bug.html

利用素材
http://smjournal.com/sozai.html

参考文献
http://smjournal.com/sankou.html

緘黙RPGについて(ダウンロード版あり)
http://smjournal.com/rpg.html

作者の意図について(6月21日公開。ネタバレ注意)
http://smjournal.com/rpg-ito.html

富条

投稿者:
富条

プレイ
:3,215
マイリスト
:3
コメント
:107

FLASHモードで起動(サポート対象外)
緘黙RPG

方向キー:キャラクターの移動、カーソルの移動
Zキー、Enterキー:決定、話しかける、看板などの文字を読む
Xキー、Escキー:キャンセル、移動中にメニュー呼び出し
Cキー、Shiftキー:戦闘中押し続けると、戦闘が高速化

Windows の場合、右Shift キーを8秒間押し続けると、Windows のフィルタ機能に関するダイアログが出ることがあるので、ご注意ください。

削除又は公開権移譲申請 PLiCy運営へのエラー報告

埋め込み用コード