かがわねことふしぎの家 テクニック

ここは、ゲーム「【不定期更新】かがわねことふしぎの家【GDWサンプル】」の攻略本ページです。
対応するゲームはこちらから遊べます

  1. このページについて
  2. ブロック崩し風ステージの作り方 ★★
  3. うなぎの数え方 ★★★
  4. 水に落ちると流されてしまうステージの作り方 ★★★★★
  5. 変数を使った数値カウンターの作り方 ★

このページについて

「かがわねことふしぎの家」で使った、GDW向けのテクニックを紹介していきます。
製作の参考にしてみて下さいね!(^_^)

項目についている★の数は、テクニックとしての大変さを表しています。
まずは少ない★の項目から読んでみましょう。

ブロック崩し風ステージの作り方 ★★

ブロック崩し風ステージの作り方 ★★

★エキスパートモードで作成可能
・「ブロック崩し場」で使ったテクニックです
・爆発ブロックの消滅タイミングを調整して、ブロック崩しのように見せるテクニックです


■ブロックの調整
076:爆発ブロック(危険)の、
・ダメージを0にする。(ダメージを受けてもキャラが点滅しません)
・消滅までの時間を0にする。

ブロックのグラフィックを変えると、さらにブロック崩し風になります
(爆発ブロック、爆発ブロック(危険)の両方を変える必要があります)

076:ジャンプブロックの、
ジャンプ速度と維持時間を調整する。

■下にジャンプブロックをしきつめ、上に爆発ブロックをならべる

■完成(^_^)

うなぎの数え方 ★★★

うなぎの数え方 ★★★

★エキスパートモードで作成可能


■うなぎの数え方
・「うなぎつかみ取り場」で使ったテクニックです
・「変数」を使って、タッチしたうなぎの数をかぞえることができます


1.うなぎを数えるための変数を作る
ゲームの設定>変数 で、「うなぎの数」という変数を作る




2.うなぎをフィールド上に置く

フィールド上にイベントを置く
-------------------------------
イベントの種類:接触すると始まる
イベント完了後:別マップに行くと復活
(イベントが終わると消え、別のマップに行くと元に戻ります)
-------------------------------
グラフィックを敵キャラ>ウナギ にする


3.うなぎにさわると変数「うなぎの数」が増えるようにする

「2.で作成したウナギのイベント」に
イベントコマンド「変数操作」で
-------------------------------
変更する変数:「うなぎの数」
演算:「数値」「1」「増やす」
-------------------------------
と入力


4.数えたうなぎの数を、文字ピクチャで表示する

「2.で作成したウナギのイベント」に
「文字ピクチャ」で「うなぎの数 [v.(「うなぎの数の変数番号」)]」と入力
※「うなぎの数」の変数番号=1の場合、[v.1]と書く



■完成(^_^)
変数の条件分岐などと組み合わせて、さまざまなイベントが作れます

水に落ちると流されてしまうステージの作り方 ★★★★★

水に落ちると流されてしまうステージの作り方 ★★★★★

★エキスパートモードで作成可能


■水に落ちると流されてしまうステージの作り方
・「うなぎつかみ取り場」で使ったテクニックです
・通行可能な水ブロックと、変数にアクターのY座標を代入することで
高さの条件分岐を使った「水に落ちると流されてしまう」しかけを作ることができます。


1.水ブロックを「通行可能」状態でマップ全体に敷く
 その後ノーマルブラシで、通れる上の地形を書く



2.エディタ上で(X,Y,Z)の座標を確認する
 水ブロックを敷いた部分のY座標をメモしておく
 
3.「ゲーム設定>変数」(数値を自由設定できるパラメータ)で
 「プレイヤーY座標」という変数を作成


4.マップ上にイベントを置く
-----------------------------
 イベントの種類:定期的に並列処理する
 イベント完了後:消えない
-----------------------------


5.「4.で作成した並列イベント」の内容に以下を書き込む
 「パラメータを変数に代入」で、「プレイヤーY座標」に
-----------------------------
 取得内容:アクター座標情報
 アクター:主人公に使ったアクター
 詳細:Y(マス目)
-----------------------------
 で代入する


6.アクターのY座標(高さ)が、水の高さになった時の条件を作る
「4.で作成した並列イベント」の内容に以下を書き込む
「変数の条件分岐」で
-----------------------------
比較対象「変数」「プレイヤーY座標」
条件1「数値」「(水の高さのY座標 ※だいたい990以上)」「以上の場合」
-----------------------------
の条件で条件分岐を作る

条件分岐内に、
-----------------------------
場所移動(このイベントがあるマップ以外)
イベントの中止
-----------------------------
の順でイベントコマンドを書き込む


■完成(^_^) ちょっとむずかしいかも…

変数を使った数値カウンターの作り方 ★

★ADVモード以上で作成可能


■変数を使った数値カウンターの作り方
・「うどんカウンター」で使ったテクニックです
話しかけるたびに変数の数値を増やし、表示させることで
数値カウンターを作ることができます


1.数字を数えるための変数を作る
ゲームの設定>変数 で、「うどんカウンター」という変数を作る

2.カウンター装置をフィールド上に置く
フィールド上にイベントを置く
-------------------------------
イベントの種類:動かない
イベント完了後:消えない
-------------------------------
グラフィックを好きなキャラにする
おきものを触ると反応させたい場合、「表示しない」


3.カウンターをさわると変数「うどんカウンター」が増えるようにする

「2.で作成したカウンター装置のイベント」に
イベントコマンド「変数操作」で
-------------------------------
変更する変数:「うどんカウンター」
演算:「数値」「1」「増やす」
-------------------------------
と入力

4.押した回数を、文章で表示する

「2.で作成したカウンター装置のイベント」に
「メッセージ」で「おした回数 [v.(「うどんカウンターの変数番号」)]」と入力
※「うどんカウンター」の変数番号=1の場合、[v.1]と書く


■完成(^_^)

掲示板