異人研究所 管理の手引き

Here is guide this page of 「満月は怪物管理人」.
Corresponding games

研究概要ファイル

【編集者:深夜管理人】

本研究は、未だ情報の少ない狼獣人の
実験を含む情報収集、および生体管理を行うものである。

……要は、死なない程度に実験やら世話やらをすればいいってことだな。

今回担当するのは、半狼人の幼体・J-3v0d4n。
管理番号は前時代に「不可視の獣」として恐れられた狼から付けられた。
むしろ不可視じゃない獣がいたなんて、今ではとても考えられないが。

狼人の幼体は確かに超レアだが(なぜ捕まえられたのか未だに分からん)、子どもであるがゆえに実験のストレスもかかりやすい。
他の実験用生体よりも慎重な管理が必要だろう。
1日1日、すべての選択をよく考えてするべきだ。
その結果をメモなどに残しておくことも大事だろう。

まあ、これはどの生体管理であっても同じだが……
なにせ今回は、爪のひと振り、牙のひと刺しで人を殺せる狼人だ。
幼体とはいえ、特に気を引き締めてかからないと。

俺の経験上、管理の時に確実に取れる行動は
「メシ」「風呂」「コミュニケーション」。
それ以外にできる行動は、管理に慣れれば少しずつ分かってくるだろう。

この三つで特に重要なのはメシだ。
メシは対象の健康維持にも、警戒を解くにも役立つからな。
他は手が空いたら適当にやっておけばいい。
とにかく機嫌を損ねないよう、うまくやる。

それが俺たち、"怪物管理人"の仕事だからな。

……なんて書いたら、また「実験用生体管理係です!」って上に怒られるかな。
異人なんか怪物と変わらないだろうに……

まあ……こんなもん、
どうせ俺以外に読むやつもいないか。

This item is not set.

研究結果について(ED分岐条件)

This item is not set.
This item is not set.
This item is not set.

Message Bord