A Girl In The Box

[Post:05/29/2021]

駄文で綴られた私の人生は、生きるに値する

追記:2021/05/29 23:35 スマートフォン対応を実施いたしました

もともと小説として投稿していた短編をノベルにしてみました。
投稿サイト:https://kakuyomu.jp/works/1177354055626354552

ジャンルは百合(百合?)です
短編ですので30~60分ほどでクリアできると思います。
サクッと摂取できますのでどうぞお気軽に……!

以下作品内容紹介文
――つまらない人間の歩む人生なんて多分、今読んでいる小説の一文よりも価値のないものだと思う。

四角箱安希(しかくばこ あき)は生粋の箱入り娘だった。親に縛れて、敷かれたレールをただ
歩き続ける人生に果たして価値は……
「いいんじゃないかな。少なくとも、誰かに迷惑かけてなきゃ」
知らない声だった。唐突にかけられた声に、それは誰の言葉だったのかはわからない。

「先生。少し気分が悪いので保健室に行ってきても良いですか?」
初めての犯行は取り巻くものに対しての反抗で、罪悪感よりも高揚感が勝っていて……
「君、朝にも会ったよね、覚えてる?」
見たことのない顔、けれどどこか聞いたことのある声。
七瀬(ななせ)と言う子と出会ったその日から、
白紙だった私の人生には文字が綴られたのだった。

ざわテル

投稿者:
ざわテル

Play
:582
MyList
:0
Comment
:1

A Girl In The Box

ゲーム内ヘルプを参照していただければと思います

Delete or transfer publishing rights Peport Error to PLiCy

Iframe code