そしてそれからその時に

[投稿:2016年08月16日]

「僕の話を聞いてくれないかい?
ああ、もちろん理解しなくていいよ。
こんな文章だからさ。気持ち悪いと思う。
意味不明だって笑えばいいよ。
本当に理解してしまったら、
きっと、僕を軽蔑せずにはいられないだろうから。」

それは無であったその者が生まれた理由だった

彼であり彼女であるその子は、誰の心にでも居る存在なのだろう

―――――――――――――――――――――――

単眼っ子がかなり好き勝手なこと言ってる意味不明系短編。
直接的な暴力表現はありませんが、自傷行為、自殺、殺人を示唆する表現があるので
苦手な方はプレイをお控えください。

―――――――――――――――――――――――

プレイ時間は丁寧に読んでも15分かからないくらい。短いです。
選択肢無しで一本道。掌編ノベルですから。
人によってはホラーっぽい。ある意味怖い話。
本編は暗いけどオマケは前向きだよ
使用してる画像は全部オリジナルなのが自慢。

フリゲ作者ととと

投稿者:
フリゲ作者ととと

プレイ
:549
マイリスト
:0
コメント
:0

そしてそれからその時に

左クリック:テキストを送る、選択
右クリック:メニューを開く、キャンセル

削除又は公開権移譲申請 PLiCy運営へのエラー報告

埋め込み用コード