夕暮れの記憶ver1.01

[Post:10/09/2017]

 主人公、佳木はある朝、彼女がいるという記憶を失っていた
 なんとか忘れていることを知ることができた佳木は彼女に会うが、明日には山に紅葉を見に行くというデートの予定が決まっていた
 きっと山に行けば、自分のことを思い出してくれるから、と彼女は自分の名前も教えない

 こうして、名前も知らない彼女とのデートが始まった

今生康宏/閑野水鳥

投稿者:
今生康宏/閑野水鳥

Play
:745
MyList
:0
Comment
:3

夕暮れの記憶ver1.01

Left click:Advance the story,Selecting Sentences
Right click:Open the menu,Cancel

Delete or transfer publishing rights Peport Error to PLiCy

Iframe code