Project:df

[Post:08/03/2019]

夏休みには、RPGの1本もクリアしてみたいじゃないか…。

<動作環境>
Windows XP/Vista/7/8/10 日本語版(32bit/64bit版OS両対応)
(Windows8以降の方は自力でMIDI音源を鳴らせる環境にする必要があります)

<内容>
人生に疲れたおじさんたちがひたすら塔の天辺を目指すゲーム。
全4~5章想定のうち、ちょっと長めの序章(チュートリアル)とおまけ程度の1章が入っています。
本作はほぼ公式素材の改変とメジャーどころのフリー音楽のみで作られています。
シナリオ重視のゲームではなくひたすら雑魚をしばいて装備を集めるゲームなので
ダウンロード&インストールに抵抗がない方にはダウンロードしてのプレイを推奨しています。
いちおうブラウザ版でまじめにプレイしてクリア可能なことは確認しましたが素人にはお勧め致しません。
PLiCy上での不具合回避のために色々いじくりまわした後にダウンロード版の動作チェックは行っていないので
もしかしたら謎の不具合が多発するかもしれません。

公式サイト
https://gilgametal.hatenablog.com/

公式Twitter
https://twitter.com/GilgaMetal

GilgaMetal

投稿者:
GilgaMetal

Play
:129
MyList
:0
Comment
:1

FLASH mode
Project:df

<操作方法>
Direction key,テンキー2468:Move Character,Move Cursor。
Z key,Enter key,Spaceキー:Decision,Talk,Investigate。
X key,Esc key,テンキー0:メニュー,Cancel,Return。
Shift key:マップを開く。
Click:Advance the story,Selecting Sentences。
Decisionキー+Shift keyで姿を隠せます。

<ダウンロード&インストール方法>
1.「Adobe Flash」を実行し,ゲーム画面右下の「本体ダウンロード」をClickしてファイルを保存してください。
2.新しいフォルダを作成し,ダウンロードしたファイル「Game_80596.zip」を移動して
  「Right click」→「解凍」→「ここに解凍」などで解凍してください。
3.自動的に「Game_80596」のフォルダが作成されます。
  そのフォルダ内部の「RPG_RT.exe(剣のアイコン)」からゲームを起動できます。
  しかしそのまま起動すると強制的に全画面モードになりますので
  「RPG_RT.exe」をRight clickしてショートカットを作成し,
  そのショートカットの「プロパティ」をSelecting Sentencesして
  「リンク先」の最後の方を「RPG_RT.exe 0 0 Window」と書き換えてください。
  このショートカットから起動することで窓化状態で立ち上げることができるようになります。

<不具合対策>
Windowsのフリーウェアなどでは特定の操作を行うことで特定のキーが入力されっぱなしになる不具合があります。
RPGツクール作品ではよく発生する不具合であり,対処方法としては「Ctrl+Alt+矢印キー」を押して
表示画面を任意に回転させた後に適当に操作し,その後「Ctrl+Alt+↑」などで元に戻すことで改善されます。
何度か上記操作を行っても改善されない場合はパソコンの再起動を行ってください。

<一部演出などのズレについて>
パソコンでブラウザ版を遊ぶと「一部メッセージの自動送りが速すぎて読みにくい」「演出がズレる」といった状況が発生する場面があります。
こちらは不具合ではなく「PLiCyの仕様(低速な環境にあわせて意図的に処理速度を速めてある)」であるためこちらでは調整を行いません。
特定のイベントによっては「真っ暗な画面のまま約1分待たないと場面が変わらない」というところもありますので
それっぽいところにきたらアクティブ状態の画面のままBGMが1周するまでしばらくお待ちください。

<バージョン情報>
現在のバージョンは2019/8/9更新のものです。
特定条件下で発生するアイテムドロップテーブルの参照ミスを修正しました。

<重要なお知らせ>
スタート地点から西に4画面,北に3画面進んだ場所にセーブポイントがあります。

権利表記: 「©2015 KADOKAWA CORPORATION./YOJI OJIMA」

Delete or transfer publishing rights Peport Error to PLiCy

Iframe code