龍使いの物語の攻略本

ここは、ゲーム「龍使いの物語」の攻略本ページです。
対応するゲームはこちらから遊べます

主人公

  1. 雷龍剣のサバード

味方キャラクター

  1. 炎龍剣のティア
  2. 炎龍剣のジェネス
  3. 地龍剣のグラット
  4. 水龍剣のマリア
  5. 邪龍剣のセレナ
  6. 破龍剣のカズマ
  7. ラスク

敵キャラクター

  1. 水龍剣のソリュート
  2. 鏡龍剣のレジーナ
  3. 風龍剣のカイン
  4. 剛剣のダイスン
  5. 地龍剣のアーレス
  6. 天龍剣のクライン
  7. 魔王

その他キャラクター

  1. 雷龍剣のレーベル
  2. 光龍剣のサブリナ
  3. 地龍剣のガイア
  4. フォーチュン

主人公

雷龍剣のサバード

雷龍剣のサバード

山奥で平穏な日々を過ごす龍使い。1年前にレジスタンスの一員として魔王と交戦した経験がある。戦いの中で仲間を失い傷つき、現在は能力の大半を失っているが、魔王と戦った際は大陸でも随一の能力者であった。

味方キャラクター

炎龍剣のティア

炎龍剣のティア

かつてサバードと共に魔王と戦った龍使いの一人。守る戦いを得意としており、パーティーでは守りの要として活躍していた。今は傷ついたサバードを守るために山奥の村で過ごしている。

炎龍剣のジェネス

炎龍剣のジェネス

かつてサバードと共に魔王と戦った通称双龍と呼ばれる二刀流の龍使い。ティアの弟である。高い戦闘センスを持ちパーティーでは切り込み役として活躍していた。今はレジスタンスの一人として、単身で魔王軍と戦いを続けている。

地龍剣のグラット

地龍剣のグラット

かつてサバード共に戦った龍剣使いの一人。パーティーの中の最年長者であり、メンバーの精神面を支える存在であった。魔王との戦闘で致命傷を負い、現在はレジスタンスの後方支援を務めている。

水龍剣のマリア

水龍剣のマリア

かつてサバードと共に魔王と戦った龍使いの一人。一見どこにでもいそうな少女であるが、そのあどけない容姿と性格からは想像もつかない天才的な戦闘センスの持ち主。魔王との戦闘で命を落とす。

邪龍剣のセレナ

邪龍剣のセレナ

通称ジェノサイダーと呼ばれる残虐なフリーランスの龍使い。人の命を奪うことに何のためらいもなく、大陸でも最悪の龍使いとして恐れられている。レジスタンスに志願しているようだがその真意は謎。

破龍剣のカズマ

破龍剣のカズマ

ラスクを護衛する龍使い。高い戦闘力を有しており、その実力はベルクガード四天王と互角とまで言われている。

ラスク

ラスク

ベルクガードの領土の一部を統治する貴族。秘密裏にレジスタンスを発足させ、実質的にリーダーを務めている。龍使いの部隊も有しており、その戦力は一国に相当するとも言われている。高いカリスマで現在も組織を拡大させている。

敵キャラクター

水龍剣のソリュート

水龍剣のソリュート

ベルクガード四天王の一人にして、帝国最強の龍使い。戦闘において敗北を知らず、絶対的な戦闘力で帝国を守護する。龍使いは他者のために力を使うべきという信念を持っており、そのためには自身の命を投げ出すことも躊躇わない生粋の軍人。

鏡龍剣のレジーナ

鏡龍剣のレジーナ

ベルクガード四天王の一人。彼女の属性は全ての攻撃を反射すると言われている。光の屈折を利用した変幻自在の変則攻撃を得意としている。任務は任務と割り切っており、非道な行為であろうとも忠実に任務を遂行する。

風龍剣のカイン

風龍剣のカイン

ベルクガード四天王の一人。ウィンダールと呼ばれる幻獣を使役することができ、その機動力は大陸でも随一である。戦闘だけでなく偵察任務も得意としている。

剛剣のダイスン

剛剣のダイスン

ベルクガード四天王の一人。龍使いではないが人並み外れた訓練による剛腕で龍使いとも互角以上に戦う。

地龍剣のアーレス

地龍剣のアーレス

ベルクガードの龍使い。巨大な大剣を使用し、圧倒的な龍気で敵を粉砕する。常に鋼鉄の鎧に身を包んでおり素顔を知る者はいない。

天龍剣のクライン

天龍剣のクライン

ベルクガードで戦闘のためだけに育てられた龍使い。当人の天性の才能もあり、現存する龍使いと一線を画する絶大な戦闘力を有する。ベルクガードの対魔王戦闘の切り札。彼のことを進化した龍使い、ドラゴンロードと呼ぶ人間もいる。

魔王

魔王

突如として現れ、人類を圧倒的戦闘力で追い詰める戦闘生物。人間に対して強い敵対意識を持っており、容赦ない侵略行為で人々から恐れられている。モンスターを使役し、人語も理解すると言われている。魔物の王であると言う説から魔王と呼ばれているがその正体は不明。その高い戦闘力も脅威だが、最も恐るべきことは世界のバランスが崩れ、世界から秩序が失われようとしていることである。

その他キャラクター

雷龍剣のレーベル

雷龍剣のレーベル

ルベーク国を守護するフェンリルナイツの騎士団長。天才的資質の持ち主でその若さにも関わらずルベーク国最強の龍使いであり、その実力はベルクガード四天王と互角以上とも噂されている。

光龍剣のサブリナ

光龍剣のサブリナ

ルベーク国を守護するフェンリルナイツの龍使い。希少な光属性であり、攻撃速度は文字通り光速で大陸でも最高の攻撃速度を誇る。

地龍剣のガイア

地龍剣のガイア

ルベーク国を守護するフェンリルナイツの龍使い。レーベルの前騎士団長である。かつてサバード達とは協力関係にあったこともあり、サバード達の師匠的存在。

フォーチュン

フォーチュン

旧ルベーク城を根城とする謎の龍使い。ルベーク国と何か密接な関係があると言われているが、その真偽は不明。

  1. シリーズ紹介①
  2. シリーズ紹介②
  3. シリーズ紹介③
  4. ※Google ChromeでFlashが動作しない場合

シリーズ紹介①

シリーズ紹介①

読み進めるだけ、ライトノベル第一弾「月夜に君を信じて」も絶賛公開中!ぜひプレイしてみてください。
<<https://plicy.net/GamePlay/70413>>

[あらすじ]
毎日同じ日々を過ごす少年。少年にとって日々が変わらないことは当たり前のことであり、同じことを繰り返すことに何の疑念も抱かずに日々を過ごしていた。そんなある日、少年はあることをきかっけに自身の存在に、行動に、疑念を抱き始めるようになる。少年が自身の意志で歩み始めたとき、少年にとっての世界が大きく動き出す。世界の真実は・・・少年にとってあまりに残酷なモノであった。絶望の中に少年は何を見出すのか?

[作品構成]
シュナップ編、カザミ編、シャドー編の3構成になっています。徐々に世界が明らかになっていく様をお楽しみいただけると幸いです。「瞳そらさないで」に比べてかなり暗めのお話で、若干ではありますがホラー要素がありますのでご注意ください。

シリーズ紹介②

シリーズ紹介②

読み進めるだけ!ライトノベル第二弾です。「月夜に君を信じて」に比べてかなりライトな内容になっていますので気楽に楽しんでください。<<https://plicy.net/GamePlay/71841>>

[あらすじ]
新学期のクラス替えに慣れない今井恵。親友の黒川敬子が同じクラスであったことに安堵していたところ、ほとんど学校に出てこない男子学生、立花優斗の存在を知る。ひょんなことから優斗と事件に巻き込まれた恵は彼が魔術士と呼ばれる存在であることを知ってしまう。彼との出会いから次々と不思議な事件に巻き込まれて・・・・。ほのぼの学園ファンタジーをお楽しみください!

シリーズ紹介③

シリーズ紹介③

シリーズ第三弾、RPG風アドベンチャー。レベル上げといった反復作業は一切不要。純粋にストーリーをお楽しみください。ファミコンっぽい雰囲気が漂っておりますのでそうした雰囲気が好きな人もプレイしてみてください。
<<https://plicy.net/GamePlay/72662>>

[あらすじ]
一人放浪の旅をしていた剣士シグルド。ある日、暗い森の中で少女の悲鳴を聞く。人とのかかわりを好まないシグルドであったが見過ごすことはできず、少女の元へと向かう。剣の柄を握り、シグルドはつぶやく。「バイパーⅡ、戦闘起動」。握りしめた剣はただの剣ではなく、ソードと呼ばれる特別な武装であった。そしてその武装を使いこなす剣士はソードマスターと呼ばれていた。ソードマスターであるシグルドと少女が出会う時、物語の歯車がゆっくりと動き出す。

※Google ChromeでFlashが動作しない場合

※Google ChromeでFlashが動作しない場合 ※Google ChromeでFlashが動作しない場合 ※Google ChromeでFlashが動作しない場合 ※Google ChromeでFlashが動作しない場合

※Google ChromeでFlashが動作しない場合、Flashをブロックしている可能性がありますと表示されて画面が表示されない場合

 1.ウェブアドレスの左側にある鍵 保護 または情報 サイト情報を表示 を
  クリックします。
 2.一番下の [サイトの設定] をクリックします。
  新しいタブが表示されるので、
  [Flash] の右側の下向き矢印 下矢印 次に [許可] を選択します。
 3.サイトに戻ってページを再読み込みします。

他、<<https://support.google.com/chrome/answer/6258784?hl=ja>>を
ご参照ください。

  1. 龍使い
  2. ベルクガード国
  3. レジスタンス
  4. ルベーク国
  5. ドラゴンロード

龍使い

自然に流れる力を感じ取り、我が物とすることができる人間の総称。戦えば通常の人間とは比較にならない戦闘力を有するが、少数派であるため立場は強くない。その戦闘力に着目したベルクガード国は龍使いを早くから戦闘に投入し、他国を圧倒している。

ベルクガード国

通称帝国。龍使いの力に早くから着目して、その力を利用することで覇権を握っている。しばらくは一国の独裁体制が続いていたが、魔王と呼ばれる存在により体制が揺るぎつつある。

レジスタンス

魔王の侵略に対して王都だけを優遇し、守ろうとすることに不満を抱いたことがきっかけで発足した反ベルクガード組織。貴族であるラスクが率いているため資金力は豊富であり、少数精鋭の龍使いの部隊も有する。魔王の侵略行為に対しても応戦するようになっており、人々から支持を集めつつある。

ルベーク国

ベルクガードの支配を受けず、独立を保っている国家。フェンリルナイツと呼ばれる強力な龍使いの騎士団を有しており、ベルクガードも手を出すことができないでいる。レジスタンスとは協力関係にあると噂されている。

ドラゴンロード

龍使いは人類が進化した姿であるという説に登場する用語。現存する龍使いは進化の過程に過ぎず、更なる進化を遂げた龍使いであると定義されている。あらゆる面で人類より優れた存在であるとされているが、戦闘力も現存する龍使いとは次元が違うと言われている。

掲示板