HOME

Here is guide this page of 「HOME」.
Corresponding games

  1. HOMEとは?
  2. アバター
  3. 違法改造について

HOMEとは?

アバターを作成して仮想世界にログインして、リアルタイムコミュニケーション、ショッピングが可能な他、自分に割り当てられた部屋の改装、ゲーム等ができる。2次元コンピュータグラフィックスによって画面を通した風景で作られている。


初期状態では最低限の機能しかインストールされておらず、プレイヤーの行動に応じて必要な機能が追加ダウンロードされるSaaS型サービスとなっている。

利用者同士の交流場所であるホームスクエア(最大64人まで接続可能)に始まり、ゲームスペース、シアター、マーケットプレイス、ホームカフェへと繋がる。ゲームスペースではボウリングやビリヤードなどが楽しめ、アーケードゲームの筐体に向えばビデオゲームが楽しめる。マーケットプレイスではアバターに着せる服やパーソナルスペースに置く家具などを買う事が出来る。他にシアターでは最新ゲームのトレーラー等を見ることができる。

悪質なユーザーについてはHOMEを機能的にネットワーク上から切断する事が可能で、その場合サブアカウントも使えなくなる。

日本時間2018年12月28日にクローズドβテストは終了し、全ユーザーに開放された。アプリ版であっても実際にクライアント起動時のタイトルにはBETAの表記がある。

アバター

アバターとはHOME内での自分の分身にあたり、行動パターンによって決まった動きを与えることも可能。

性別規制は無く、ユーザー本人の実際の性別に関係なくアバターの性別を決められる。さらにショップで入手したアバターやリワードアイテムによる着せ替えもできる。これらの外見は自由にいつでも切り替えられる。セーブが可能になっており、そのデータをロードして一斉に変更可能。バージョンアップデートにより、クロスセーブ/ロードが追加された。

台詞の入力はソフトキーボードおよびキーボードなどの外部入力機器で行う。入力した台詞は吹出しで表示されると共に、テキストウィンドウのログにも保持される。

頭上にはユーザーのオンラインIDが表示されている。オンラインネームではないので注意。

他のユーザーの、プロフィール、フレンド登録やメッセージの送信が可能。

3分間、無操作の場合は離席中表示になり、その状態で一定時間無操作が続くと自動的にログアウトする。

違法改造について

HOME運営チーム係員

HOMEJAPAN[運営]というIDで、イベントのサポート等で運営の係員がHOMEに実際にアクセスしてくる事がある。IDは固定。外見は様々なパターンが用意されている。容姿は「ホームカフェ」を参照。

Message Bord