お酒!の攻略本

ここは、ゲーム「飲み物!」の攻略本ページです。
対応するゲームはこちらから遊べます

ブドウの説明

ブドウ
ブドウ(葡萄、英名 "Grape"、学名 Vitis spp.)は、ブドウ科 (Vitaceae) のつる性落葉低木である。また、その果実のこと
概要
葉は両側に切れ込みのある15 - 20cmほどの大きさで、穂状の花をつける。野生種は雌雄異株であるが、栽培ブドウは一つの花におしべとめしべがあり、自家受粉する。このため自家結実性があり、他の木がなくとも一本で実をつける。果実は緑または濃紫で、内部は淡緑であり、房状に生る。食用部分は主に熟した果実である。食用となる部分は子房が肥大化した部分であり、いわゆる真果である。外果皮が果皮となり、中果皮と内果皮は果肉となる。果実のタイプとしては漿果に属する。大きさは2 - 8cm程度の物が一般的である。ブドウの果実は枝に近い部分から熟していくため、房の上の部分ほど甘みが強くなり、房の下端部分は熟すのが最も遅いため甘味も弱くなる。皮の紫色は主にアントシアニンによるものである。甘味成分としてはブドウ糖と果糖がほぼ等量含まれている。また、酸味成分として酒石酸とリンゴ酸が、これもほぼ等量含まれる。
ブドウ属の植物は数十種あり、北米、東アジアに多く、インド、中東、南アフリカにも自生種がある。日本の山野に分布する、ヤマブドウ、エビヅル、サンカクヅル(ギョウジャノミズ)もブドウ属の植物である。
現在、ワイン用、干しぶどう用または生食用に栽培されているブドウは、ペルシアやカフカスが原産のヴィニフェラ種 (V. vinifera) と、北アメリカ原産のラブルスカ種 (V. labrusca)で ある。
米にうるち米(食用)や酒米(酒造用)があるように、ブドウには生食用ブドウと加工用ブドウがあり、加工用品種は醸造、干しブドウ、ジュースなどに利用される。生食用はテーブルグレープ(英語版)、酒造用はワイングレープ(wine grapes)と呼ばれている。
品種
カルディナル
甲州 日本最古の品種で、平安時代末期に栽培が開始された。現在でも甲府盆地を中心に栽培されている。生食用のほか、日本における白ワインの主要原料ともなっている。
巨峰・種無し巨峰 1945年に大井上康によって開発された日本産の欧米雑種。大粒で味がよく、日本で最も栽培されている品種である。
藤稔
紫玉
紫苑
ピオーネ 1973年に井川秀雄によって開発された欧米雑種。大粒で味がよく、日本では3番目に栽培が多い品種である。
あづましずく
ナガノパープル
高妻
紅瑞宝
紅伊豆
多摩ゆたか - 芦川考三郎によって作出された緑系ブドウ。
安芸クイーン
竜宝
ゴルビー
ブラック・コリンス レーズン用主要品種の一つ。
コールマン - コーカサス地方原産の黒系ブドウで、正式名はグロー・コールマン。日本では冬(11月から1月頃)に収穫される。
コンコード - おもに加工用に使用され、赤いグレープジュースの主要原料である。
シナノスマイル
ブラックオリンピア
オーロラブラック
シャスラ
レッドグローブ(Red Globe)
リビエラ(Ribier)
クリムゾン・シードレス(Crimson Seedless)
トムソン・シードレス(Thompson Seedless)レーズン用の主要品種である。
サルタナ(Sultana) - レーズンで有名。トムソン・シードレスと同一種とされる。
マスカット・オブ・アレキサンドリア(Muscat of Alexandria)古い品種で、香りがよく世界各地で栽培される。日本でも温室にて栽培される。生食用のほか、レーズン用の主要品種ともなっている。
マスカット・ベーリーA(Muscat Bailey A)
シャインマスカット
ルビーロマン
ルーベルマスカット
紅マスカット
翠峰
デラウェア 日本で2番目に多く栽培されている品種。小粒だが味がよく、戦前からの主要品種であった。ジベレリン溶液による種無し処理がはじまった品種である。
キャンベル・アーリー(Campbell Early) 戦前からの主要品種であるが、1970年代から栽培面積が激減した。
瀬戸ジャイアンツ(桃太郎ブドウ)
ナイアガラ 
ポートランド
スチューベン (Stuben)
旅路(タビジ)
甲斐路(カイジ)
ピッテロビアンコ
ロザリオビアンコ (Rosario Bianco)
ロザリオロッソ (Rosario Rosso)
など。
Wikipediaより

掲示板