【あらすじ】賽を振る女&先生と呼ばれた男

ここは、ゲーム「【新版】賽を振る女(PLiCy版)」「先生と呼ばれた男(PLiCy版)」の攻略本ページです。
対応するゲームはこちらから遊べます

  1. 恍惚たる闇
  2. サモン
  3. ダークサモン(ダモン)
  4. ダーク恍惚たる闇(ダー惚)
  5. 先代恍惚たる闇
  6. レイチェル
  7. ドラシェル

恍惚たる闇

恍惚たる闇

本名はクレイス。「人類の敵」魔王軍に与する人間の称号「恍惚たる闇」の四代目。
幼い頃に、両親が邪神信仰に手を染めて処刑されたところを、三代目の恍惚たる闇(先代恍惚たる闇)に救われた。以来、彼を父と慕い、師匠と仰ぎ、魔術師として立派に成長した。
師匠の命令で、両親の仇でもある王国の魔術学院に潜入した際に、魔術師の名門の出であるサモンと親交を結ぶ。
サモンとは良き友人でありライバルであったが、三代目恍惚たる闇の死亡により二人は袂を分かつことになる。

サモン

サモン

魔術の三理論の一つ「現象転移」を確立した一族の末裔だが、現象転移に才能がなく悩んでいる。
クレイスが魔術学院にやってきた時に下宿を世話した縁で、彼とは親しくつきあうこととなった。
クレイスが恍惚たる闇に名前を変えた後も、彼のことをは友人だと思っていた。しかし、幻のような女「レイチェル」に惑わされることになり……。

ダークサモン(ダモン)

ダークサモン(ダモン)

邪神ダークカナエールに生み出されたサモンの「存在反転」。
先代恍惚たる闇に監禁されていたダークカナエールを解放したダモンは、同じく存在反転である謎の男・ダー惚と共に奇妙な共同生活を始める。
自分の存在意義に悩むダモンは、サモンと恍惚たる闇に接触、とある事件に巻き込まれてしまう。

ダーク恍惚たる闇(ダー惚)

ダーク恍惚たる闇(ダー惚)

先代恍惚たる闇の息子で、父の魔術実験によってクレイスの「存在反転」と化した。
クレイスの姉の存在反転・ドラシェルと軟禁生活ながら平和に暮らしていた。
しかしある時、父に追放されてしまい、自暴自棄になっていた所をダモンに救われ、母と再会する。
ダモンと母との共同生活で落ち着きを取り戻しつつあったある日、ドラシェルたちが起こした事件を知ることになる。

先代恍惚たる闇

先代恍惚たる闇

人類と魔物の戦場で、四肢と記憶をなくして瀕死にあったところを死神に救われ、魔王の軍門に降った。しかし、そこで得た称号「恍惚たる闇」に納得できない彼は、人間としての生の価値を求めて試行錯誤する。そして得たのは息子と弟子と、過去の栄光を取り戻す魔術。彼が最後に選ぶのはどれか。


※このキャラクターについてもっと知りたい人は以下の作品がオススメです。(設定には違いがあります)
VIPRPG夏の陣2011No.98「氷点下の黒歴史」
http://www.geocities.jp/viprpg_summer11/entry/entry98.htm

レイチェル

レイチェル

クレイスの姉。
恍惚たる闇(先代)に、魔術「反復」を無理矢理に研究させられているが……。

ドラシェル

ドラシェル

ダーク恍惚たる闇の姉を名乗る少女。
父を助けたいと思っている。

掲示板