『春日井家のシアワセ。』シリーズ解説書

ここは、ゲーム「春日井夏彦は尻が拭けない」「ちゃーはんつくるよ!」「すてねこと秋子ちゃん」「女子中学生が考えた漫画の話」の攻略本ページです。
対応するゲームはこちらから遊べます

  1. これまでのあらすじ
  2. 裏話

これまでのあらすじ

夢見がちな大学生、春日井夏彦とその周辺の人々の、基本的にはシアワセでヘイワなお話。
まぁ行き当たりばったりでテキトーにやってるだけですな。

裏話

ジュエルセイバーのキャラクターが幸せを望んで転生してきた世界というオチを考えていたのです。だから仲がむっちゃ悪い連中がむっちゃ仲良いんですよねーという。

主人公

  1. 春日井 夏彦
  2. 春日井 秋子

味方キャラクター

  1. 墨川 黒助
  2. 豆野 あずき
  3. 春日井 冬彦
  4. ミー
  5. 土井 風子

主人公

春日井 夏彦

東都大学法学部二年生。
何かと夢見がちで、家業の春日井工務店を「春日井コンツェルン」と思い込んで、すっかり御曹司気取り。
とはいえ嫌味なところはなく、気の良い優しい性格なのだが、上記の思い込みの激しさで空滑りしてしまい、彼女はできない。
妹に超能力でよく斬り捨てられている。

年齢 19
趣味 妄想(?)

春日井 秋子

雪月花女学院高等部一年生。
超能力の持ち主で、兄の夏彦によくツッコミ攻撃を食らわせる。他にも猫に人語を喋らせることもできる。
年頃の娘らしく、父と兄をとことん毛嫌いしており、「生ゴミ」「粗大ゴミ」としか呼ばない。
母がいないため、家事全般を引き受けている。

年齢 16
趣味 編み物

味方キャラクター

墨川 黒助

夏彦、秋子の幼馴染みで、近所の墨川薬局の息子。
(ただし、夏彦は墨川薬局を「世界的な製薬会社」と思い込んでいる)
夏彦とは幼稚園から高校までずっと一緒の腐れ縁。
秋子のことがずっと気になっているのだが、超能力(攻撃)が怖くて踏み込めず。
それなりにモテるので付き合ってみたりもするが長続きしない。
自分の名前がコンプレックス。

年齢 19
趣味 ゲーム制作

豆野 あずき

夏彦・秋子の幼馴染みで、豆野雑貨店の娘。
(ただし、夏彦は豆野雑貨店をゼネラルマーチャンダイズストア(チェーン展開している大型スーパーマーケット)だと思っている)
とにかくお菓子に目がない。食べるだけでなく作るのも好き。夢はお菓子屋さん。
姉夫婦は雑貨店に興味がないようなので、自分が継いでお菓子屋さんに改装するのもいいなと思ってる。

年齢 19
趣味 お菓子作り

春日井 冬彦

夏彦・秋子の父親。春日井工務店の社長で、一級建築士。
妻とは死別しており、今でも愛しているから再婚は考えられないとか。
夏彦が家業をコンツェルンと思い込んで法学部に行ったのが悩み。工学部に進学して建築を学んで欲しかった。
秋子にはすっかり家事を任せきっていて、ちょっと申し訳ないなと思っている。
マイホームのリフォームは超気合いを入れたために、豪邸になった。

年齢 47
趣味 鉱物標本の収集

ミー

秋子が拾ってきた、オスの三毛猫。
紳士的な性格で、秋子のことを第一に考えている。
秋子の超能力によって人語を喋るようになり、人間の男性にも変身できるようになった。
でも、猫でいる方が楽らしい。

年齢 2
趣味 秋子の膝の上で寝ること、小動物を捕まえること

土井 風子

雪月花女学院中等部三年生。秋子の後輩。
漫画研究部に所属している。画力は高いが、キャラクターを想像で描くのが苦手で、周囲の人々の外見をよくモデルにする。

年齢 15
趣味 漫画を描くこと
  1. 第1話:春日井夏彦は尻が拭けない
  2. 第2話:ちゃーはんつくるよ!
  3. 第3話:すてねこと秋子ちゃん
  4. 第4話:女子中学生が考えた漫画の話

第1話:春日井夏彦は尻が拭けない

効果音がアクションゲーム寄りなのはGDAのためだった、
というのはpli-logが公開された当初は知る由もなかったです。
シナリオ分岐が作りづらかったので半ばヤケクソ気味の展開。

第2話:ちゃーはんつくるよ!

チャーハンネタは『ゲームの作り方講座5』(GamePlay/1021)からです。
なおマジレスしておくと、うどんかそばか実は迷っています。
うどん? いや、でも関西のそばってこんな感じですよ、ねえ?

第3話:すてねこと秋子ちゃん

GDAのミケちゃんでほのぼのアドベンチャーとか作りたかった。
何かを間違えた。何かを。

第4話:女子中学生が考えた漫画の話

前半の話は本当に中学生の時考えた話です。
で、なんか物足りなかったので後半テキトーにくっつけました。

掲示板