Visual Novel Maker/ラノゲツクールMV製のゲームをブラウザで動かす際のトラブルシューティング

PLiCy上での仕様について

  1. ラノゲツクールMVを投稿できますか。
  2. どのようにしたらブラウザで動かせますか。
  3. ゲームに使用しているサウンドデータがoggのみでもアップロードできますか。
  4. スマートフォンで効果音の再生が遅れます。
  5. IEとEDGEでサムネイル撮影・ミニ実況ができません。
  6. ユーザーボックスは使用できますか。
  7. 「共有領域」のセーブデータを「このゲームの専用領域」のセーブデータにコピーしたいです。
  8. 暗号化について
  9. 日本語ファイルについて
  10. 外部サイトへの接続について
  11. PLiCy上の個人情報へアクセスについて
  12. WEBカメラへのアクセス(AR)について
  13. Service Workerは使用できますか

PLiCy上での仕様について

Q.RPGツクールMVを投稿できますか。
日本語版ラノゲツクールMVと、海外版Visual Novel Makerの両方の投稿を対応しております。
※現在β期間となっております。問題がございましたら連絡フォームにてご報告ください。
Q.どのようにしたらブラウザで動かせますか。
PLiCyにアップロードすることで遊べるようになります。
ゲームデータをまとめてzipに圧縮したものをアップロードしてください。
Q.ゲームに使用しているサウンドデータがoggのみでもアップロードできますか。
可能です。
m4aが存在しない場合でもAndroidやiOSで動作するように
PLiCyでコンバート処理をかけさせて頂いております。
Q.スマートフォンで効果音の再生が遅れます。
HTML5では通信が入る為再生が遅れることや再生されないことがあるようです。
Q.IEとEDGEでサムネイル撮影・ミニ実況ができません。
IE・EDGEではサムネイル撮影・ミニ実況が不可となっております。
Q.ユーザーボックスは使用できますか。
ユーザーボックスには非対応にさせて頂いております。
Q.「共有領域」のセーブデータを「このゲームの専用領域」のセーブデータにコピーしたいです。
共有領域と専用領域のセーブデータは互換性はございません。
モードを切り替えた場合、切り替える前のセーブデータは基本的に読み込み不能となります。
暗号化について。
PLiCyとしては、暗号化したデータをアップロードするのは非推奨とさせて頂いております。
これは、暗号化をするとスマートフォン端末でスムーズなゲーム進行を阻害する為です。

PLiCyでは特殊なコンバート処理を行うことにより、画像ファイルの通信容量80%程度を削減しております。
しかしながら、暗号化をしてゲームをアップロードすると、この通信速度の削減が適用されなくなります。

特にスマートフォンでは回線速度や、スペックの影響で、暗号化を行うと悪影響が発生します。


技術がある人であれば暗号化を解除することはできます。
数学に答えがあるのと一緒で、暗号化を解く方法には答えがあるためです。
そのため、ツクールMVの暗号化も、直接ファイルが見れないようにする程度のもので考えておくのが良いかと思われます。

Web版の場合画像のURLを直接参照することが難しいため、暗号化の必要性は極めて薄いです。
逆にサイズの肥大化や負荷の増加によるユーザー離れの影響の方が大きいことが予測されます。
日本語ファイルについて
ゲーム中に日本語ファイルのご利用は可能です。
日本語ファイルを利用することにより不具合が発生することはございません。
外部サイトへの接続について
ゲーム中に外部サイトのデータを読み込むことは可能です。
通常時はhttpsで通信を行いますが、ゲーム設定でhttpに変更することは可能です。

PLiCyではXMLHttpRequest等で外部ドメインへのアクセスは可能となっております。

外部ドメインにアクセスする際は、外部サーバー側にCross-Origin Resource Sharing(CORS)の設定が専用に必要となります。
CORSはWEBの仕様のため、PLiCyに限った問題ではございませんが、
ご利用の場合はご注意ください。
以下サーバー通信をする際の設定サンプルです。
※httpモードを利用する場合はhttpsをhttpに書き換えてください。

【「専用領域に保存する」を選択した場合】
<ドメイン>

https://ゲームID.game.plicy.net/
<サーバー側で設定する必要があるヘッダー処理>
header('Access-Control-Allow-Origin: https://ゲームID.game.plicy.net');
header('Access-Control-Allow-Methods:POST, GET, OPTIONS');
header('Access-Control-Allow-Headers:*');
header('Access-Control-Allow-Credentials:true');
header('Access-Control-Expose-Headers:x-time');

【「共用領域に保存する」を選択した場合】
<ドメイン>

https://html5.plicy.net/
<サーバー側で設定する必要があるヘッダー処理>
header('Access-Control-Allow-Origin: https://html5.plicy.net');
header('Access-Control-Allow-Methods:POST, GET, OPTIONS');
header('Access-Control-Allow-Headers:*');
header('Access-Control-Allow-Credentials:true');
header('Access-Control-Expose-Headers:x-time');

【PLiCy以外のサービスからのアクセスしても良い場合】
<ドメイン>

全てのドメインを許諾
※CookieやSession情報は利用できなくなります。
<サーバー側で設定する必要があるヘッダー処理>
header('Access-Control-Allow-Origin: *');
header('Access-Control-Allow-Methods:POST, GET, OPTIONS');
header('Access-Control-Allow-Headers:*');
header('Access-Control-Allow-Credentials:true');
header('Access-Control-Expose-Headers:x-time');
PLiCy上の個人情報へアクセスについて
大変申し訳ございませんが、ゲーム側からPLiCyの個人情報へのアクセスはできません。

理由につきましては、個人情報を外部サービスに送信されることや、
ゲームデータを勝手に削除されることを防止するためでございます。

ご迷惑をお掛けいたしますが、セキュリティ上必要な措置でございますので、 ご理解のほど宜しくお願い致します。
WEBカメラへのアクセス(AR)について
カメラやマイクは使用できますか?
使用可能です。
カメラ・マイクはHTTPS環境でのみ使用可能ですが、
PLiCyもHTTPS環境で動作しますので使用できます。
カメラが利用可能であるため、AR・MRも事実上制作可能です。

Webカメラやマイクを使用する場合、プレイヤーは許可を求められます。
プレイヤーにブロックされた場合はWebカメラ等を利用することはできません。
Service Workerは使用できますか
使用可能です。
Service WorkerはHTTPS環境でのみ使用可能ですが、
PLiCyもHTTPS環境で動作しますので使用できます。